Welcome

Information

院長プロフィール

院長 松葉清一(まつばきよかず)



昭和37年生まれ。


高校時代に持病の喘息が悪化。


日大経済学部在学中に公害病3級に認定、入退院を繰り返すうちに、ステロイドで抑えるばかりの西洋医学の治療に限界を感じるようになりました。


その結果、藁にもすがる思いで各種治療院を渡り歩く「民間療法ジプシー」となってしまいました。


そんな生活を続けているうちに、東洋医学に目覚め、自らも気功や呼吸法等各種健康法を研究実践、そして早稲田医療専門学校で東洋医学を学びました。


       


はり師、きゅう師は国家資格ですから、喘息の治療をしながらの資格取得は大変でした。



資格取得の勉強をしながらも、鍼灸治療、太極拳による気功術などを研究実践して参りました結果、30歳を過ぎる頃には、喘息の発作はほとんど発症しなくなりました。


それどころか、空手等の格闘技のトーナメントに出場できるほど健康になったのです。


 


その後、病院勤務を15年間務め、理想とする治療や健康法を実践すべく、ふじみ野市にて治療院を開業致しました。


おかげさまで、開業以来多数の患者さんにご来院頂き、お身体の不調が改善したという報告を多数受けております。